失業した際に仕事を探しに行く、
または雇用保険を貰いに行くと言えばハローワークになります。

ハローワークでは、
全国で事業主から受け付けた求人をオンラインで結んで
公開している無料で職業紹介相談にのってくれる機関です。

ここでは求人を自己検索パソコンという求人を検索できるタッチパネルのパソコンで
自分にあった仕事を探して職業紹介を受けたり、
自分で探せない場合には、窓口にて職業相談もできます。

またハローワークでは、失業した時の失業給付の手続きをするところで、
離職証明書をもって住所を管轄するハローワークに行きます。

雇用保険は、だいたい貰っていた給与の40%ぐらいが
1日あたりの手当で支給されますが、
自己都合で辞めると3か月は給付制限といって
もらえないことになりますので注意です。

しかし次の仕事が決まらなかった場合、
やはりこれだけでは生活が苦しいという事になってくると思います。

そこでおすすめなのはキャッシングです。
このサイトには即日にお金を借りることが出来る
キャッシング業者をまとめていますので、是非参考にして下さい。

この他にハローワークでは、職業訓練を無料でうけさせてくれますし、
その職業訓練中には失業給付を貰いながら、
交通費と受講手当といって奨励金も貰えてお得です。

そしてこの職業訓練を公共職業安定所長の受講指示という推薦のようなものがあると、
先にのべた自己都合での退職での失業給付の給付制限が解除され、
訓練に通学しながら雇用保険とその他の交通費や受講手当も貰えるという
メリットもあり、ハローワークは失業時の心強い味方です。

もしも失業してしまった場合、持家があるなら家賃はかからずに済みます。

ローンが残っている場合、賃貸住宅に住んでいる場合は
家賃を払っていかなくてはなりません。

それ以外にも色んな場面でお金をつかうため、
無収入の人は生活がかなり苦しくなるでしょう。

ですがお金はやはり必要。
最悪の場合はキャッシングなどを利用しなければなりません。
キャッシングをするにあたって、やはり友人や家族などにバレたくないですよね。
審査なしでお金を借りたいと考えている人はそんな考えは、まず捨てて下さい。
まずは電話での在籍確認がない業者を探しましょう。

失業手当が下りる場合、それで賄うことができるでしょう。
その他は次の就職先が決まるまで節約は必須です。
時間があるからといってパチンコや競馬など
ギャンブルで一儲けをしてなんとか繋ごうという考えは無駄です。

ひとたび儲けることができても負けが続き、
元手が一切なくなるのは時間の問題です。

そんな時間があるならば一刻も早く就活を始めなければなりません。
交通費がかからない範囲で就職先がないか当たってみると良いでしょう。

就職雑誌を見るだけでなく、ハローワーク通いや面接で
交通費はどうしてもかかってしまう費用です。
それを捻出できるよう、食事は3食だったところを2食に抑えたり、
量を少なくするしかありません。

家族・親族に頼れるあてがあるならば相談し協力してもらえれば
だいぶ助かりますが、見込みがない場合は
自炊で2,3日食べれるようなメニューを作ります。
光熱費も削減できます。

せっかくの求人があっても生気が感じなければ
力不足に見えて採用に至らないでしょう。
麺類、パン、ご飯の炭水化物でお腹を満たすのではなく
野菜を多く取りお腹が膨らむよう食事内容も工夫しましょう。

献立を考え、自炊することは頭の回転をよくし、
仕事をこなす要領もよくなり、結果的に節約に繋がります。

失業中の就活にはいろいろと問題点がありますが、
その筆頭が費用不足ではないでしょうか。

就活にはスーツ代、交通費などなにかと費用がかかるものです。
失業中には、失業保険がもらえますが、
その金額は働いていたときの50%~80%程度です。

しかも、失業保険は3ヶ月~1年程度の期間しかもらえないので、
その期間が過ぎてしまうと完全に無収入になってしまいます。

アルバイトをしながら就活をする人も多いですが、
就活に支障が出ず、しかも十分な収入が得られる
アルバイトを探すのはなかなか大変です。

ですが最近では、気軽にお金を借り入れすることが可能な業者が多くあります。
無職の主婦ですら審査に通ってしまうという業者もあるぐらいです。
参考サイト⇒キャッシングをしたい主婦のためのサイト

また、失業中はどうしても生活が不規則になりがちです。
仕事をしているときにはできなかったゲームやインターネットに
ハマってしまう若者も多いです。

不規則な生活に加えて、精神的な不安やストレスから
体調を崩してしまう人も多いです。
失業中も規則正しい生活をするように心がけることは、とても大切なことです。

また、自分を追い込みすぎないことも大切です。
責任感が強い人ほどうつ病などの精神疾患にかかりやすいと言いますし、
あまりがんばりすぎず、余裕をもって就活を行うようにしましょう。

kubi.jpg

長期間になることも考えて、
公共的な失業者への支援策についても調べておくとよいでしょう。
いざとなったら公的支援を受けられるとわかっていれば、精神的な余裕が生まれます。

離職された時に、生活保障として
セーフティーネットとして雇用保険の失業給付があります。

一般には失業保険という呼び方をしますが、
この失業保険は辞める理由によってのそのもらえる期間やトータルの金額、
もらえる時期にも違いがありますので、辞めるときの理由には注意が必要です。

まず失業したら、会社にすぐにハローワークに
離職証明書の発行の手続きをしてもらいます。

大体辞めてから1週間以内におくってもらうようにします、
無論早いにこしたことはないです。

その離職証明書と身分証明書、印鑑、写真をもって
住所を管轄するハローワークにいき、手続きをします。
そして一週間の待機期間をおいて失業給付が受給できることになります。

しかしここで最も注意なのが先ほど述べた辞めた理由による効果の違いです。
会社都合によるものでは、給付制限といって失業保険がもらえない
3か月を科しませんが、自己都合退職では3か月の給付制限があります。

そんな人がよく利用するのはカードローンなので覚えておくと良いでしょう。
ピンチの時には頼ってもいいですが、
お金が入ってきたら返済するという計画をたてることが大事です。

また自己都合では最高でもらえる日数が150日で、
会社都合で年齢にもよりますが最高330日となります。

トータルする倍以上の金額の開きがありますが、
もらえる一日あたりの単価金額は離職理由に関係なく同じで、
だいたいの目安は、1日あたりの日当換算約40%です。

給与所得者なら原則として雇用保険に加入していますので、
失業しても一定の期間は失業給付を受けながら次の仕事を探すことができます。

会社をクビになったからといって、落ち込んでいる暇はありません。
気持ちを切り替えて、まずは失業保険を受けるための手続きをしましょう。

会社を退職すると、通常は2週間ほどで離職票が自宅に届きます。
離職票が届かない場合には、会社が忘れている場合もあるので、
会社に連絡をして発行してもらいましょう。

離職票がないと失業保険の手続きができません。
派遣やアルバイトの場合には、労働者から「離職票が必要」ということを
言わないと発行してもらえないこともあるようですので、
退職の時にしっかりと伝えておきましょう。

離職票が届いたら、まずは「退職理由」の欄を確認します。
クビになったのに、自己都合での退職と書かれている場合には、
ハローワークの職員に本当は会社の都合でクビになったのだということを
説明しなければなりません。

自己都合での退職の場合には失業給付を受けるのが3ヵ月後になってしまうので、
自己都合退職にされてしまうと3ヶ月間無収入になってしまいます。

無収入になるわけですので生活が厳しくなります。
夫婦共働きなら片方が働いていればなんとかなりますが、
専業主婦などでしたらかなり厳しくなるでしょう。
そんな時強い味方になってくれるのが、銀行カードローンです。
専業主婦で無収入でも借りることが可能だそうです。

ハローワークで手続きをした後は、待機期間の7日間があり、
その次の日から失業給付が受けられるようになります。

失業給付が受けられる期間は年齢や雇用保険に加入していた年数によって差があり、
3ヶ月~1年です。気持ちを切り替えて次の仕事を探しましょう。